VTuber向けアバター操作ツール「3tene」を試行・レビュー

動画編集
サムネイル

・VTuberとして活動を始めたい人に使えるアバター操作ツールを知りたい
・開始前に必要なアバター操作ツール3teneの導入と基本的な使い方を知りたい
・無料と有償の機能の違いは?

今回は筆者が昔から研究している分野の一つVTuberについて、紹介いたします。顔出しなしでVTuberになり、動画でノウハウとかを配信したく本家ではiPhoneを使った方法を研究していました。

今度はPCを使った場合のノウハウがある方がいいと思いましたし、動画編集する人はPCを使う方が多いのではないかと思いました。1

InstagramやTikTokのように、スマホ使って動画編集したい場合ももちろんあります。

今回、PCでVTuberを扱う一環ということで、アバター操作ツールの3teneを試行利用しました。それについて以降で紹介いたします。

アバター操作ツール「3tene」とは

概要

3teneは、株式会社プラスプラスが提供する日本初のリアルタイムアバターアプリです。アバターをリアルタイムに操作できるため、ライブ配信や動画制作に利用できます。

3tene
3teneはVTuber向けのアプリケーションです。現在は3teneFREE、3tenePRO、3tenePRO+Live2Dを提供しております。3tene上でフェイストラッキング、リップシンクによりVRMファイルを動かすことが出来ます。ま...

主な機能

3teneは、カメラトラッキング機能を持ち、Webカメラがあれば利用者の動作に合わせてアバターが動きます。

カメラトラッキングとは、カメラに映った人の動きを検出することです。

今回は誰でも使えること想定でFREE版を使いますが、グレードを上げると手や体動きなど、顔以外もトラッキングできたりします(後述)。

ライセンス形態

3teneのライセンス形態は以下3種類です。

タイプ機能概要
3tene FREE V4これからVTuberを始める人におすすめの無料のツール。
基本的なフェイストラッキング(顔や口の動作)に対応。
VRMファイルを読める。
3tene PRO V43tene FREE V4に加えて、フェイストラッキングの範囲やモーション追加、
Live2Dにも対応。対応機器も増えている。
3teneSTUDIO V43tene PRO V4に加えて、ボディトラッキングにも対応。
3teneの種類

広告

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた(1) (ファンタジア文庫) [ 七斗 七 ]

価格:715円
(2024/4/13 22:50時点)
感想(0件)

3teneの入手および操作方法

① Steamからダウンロード・インストールできます。以下から入手してください。

3tene on Steam
It is an application made for the person who aims for virtual youtube from now on easily for easy handling. If there is ...

② Steamのライブラリから3teneを起動できていればインストール完了です。

3tene起動画面

③ アバターの選択をクリックしてください。

④ アバター追加のアイコンをクリックしてください。

⑤ ファイル選択ダイアログから、VRMファイルを選択してください。

VRMファイルの作り方は別途紹介しますが、VRoid Studioで作成されたアバターファイルと理解いただければと思います。

⑥ ライセンスの確認画面で「同意する」をクリックしてください。

これでアバターの読み込みは完了です。ここからカメラトラッキングやエフェクトの追加などをするとアバターが動いてくれます。

試行結果のレビュー

本章では3teneを試行利用した結果のレビューを紹介します。

良かった点は以下です。

  • お手軽にインストールできる
  • 無料でも扱いやすい
  • 金銭的余裕があるなら上位ライセンスも視野に

悪かった点は以下です。

  • PROとSTUDIOで値段の割に機能差が小さすぎないか

良かった点1:お手軽にインストールできること

Steamから取り込めるので使いやすいです。インストールのために特段の知識や手順がいらないというのはありがたいです。

良かった点2:無料でも扱いやすいこと

VTuberとして単純にアバターを乗っけるのもありではありますが、やはり顔の動きとは最低限同期をとってほしいものです。それを3teneではFREEから搭載しています。

基本的に顔の動きが追えていれば、カメラトラッキングを最低限活かした形になっているかと思います。カメラトラッキング付きの操作が、無料の範囲でできるのは嬉しいですね。

良かった点3:金銭的余裕があるなら上位ライセンスも視野に入ること

無料でも十分ではあるもののフェイストラッキングが必要であれば、PROでも3,300円で買えます。3tene V4系から買い切りでバージョンアップにも対応してるようです。そのため古いから買いなおしがないのはいいですね。

PROにLive2Dを足したバージョンもあり、これについては4,400円で買えます

あとボディトラッキングが必要な場合、STUDIOが33,000円と高いです。ただ、たまにセールとかもやっており、例えば2024年の正月に最高ランクのSTUDIOでも16,500円で買えるなどあります。値は貼るもののチャンスがあったりするのがいいですね。

自分のやりたいことに合わせて上位のライセンスを狙うのがいいと思います。

悪かった点1:PROとSTUDIOで値段の割に機能差が小さいこと

PROとSTUDIOの値段の差は10倍です。値段に相当の開きがあります。ただ機能面はどれだけ開きがあるでしょうか。Perception Neuronを使ったボディトラッキングに反応することが大きな違いです。

・・・それだけなのです。

同時利用PC数が増えるなど厳密な違いはあるのですが、大きな機能はボディトラッキング以外に目玉機能がないです。しかもPerception Neuronシリーズは数十万もかかる高額品のため、そんな簡単に使えるものではありません。

他の機器を使わずにボディトラッキングするならすごくうれしいのですが、これについては今後の機能改良があると嬉しいです。

広告

まとめ

VTuberとして活動を開始したい方にとって、アバター操作ツールは重要な一歩です。今回は3teneを使ったPCを活用したVTuberノウハウに焦点を当てました。3teneは手頃で簡単にインストール可能なアプリであり、無料版でも基本的なフェイストラッキング機能を利用できます。PROやSTUDIO版へのアップグレードは、更なる機能を求めるユーザーにとって有用ですが、ボディトラッキングへの対応には追加の機器が必要となり、その投資に見合う価値を見極める必要があります。

無料版のアクセスしやすさと機能性を考えれば、3teneはVTuberデビューを考える初心者にとっては優れた選択肢です。高度なトラッキング機能やLive2Dのサポートを求める場合は、予算に応じて有料版を検討するのが賢明です。しかし、コストパフォーマンスの観点から、PROとSTUDIO版の間での機能差は価格差に見合っていない可能性があるため、慎重な判断が求められます。

3teneを利用することで、VTuberとしての第一歩を踏み出し、配信や動画生成の可能性を広げられることは間違いありません。自身の目的と予算を照らし合わせた上で、最適なライセンス選択を行うことが推奨されます。

参考文献

  1. iPhone版もいろいろ研究したことがあるため、別途記事を検討しています。 ↩︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました