AI

AIライティングツール「Catchy」を試行・レビュー

AIライティングツール「Catchy」の特徴、利用方法、実際の使用感について詳述しています。Catchyはキーワードやテーマに基づき文章を生成できますが、GPT-3を使用しているため情報の精度に課題があり、記事1本を完成させるのに複数クレジットが必要です。
AI

Meta社最新のLLM!Llama3を試行・レビュー

Meta社が開発した「Llama3」は、2024年4月にリリースされた最新のLLMモデルです。多少スペックが低い環境でも動作し、出力もわかりやすいですが、日本語での出力には対応しておらず、これがユーザーにとってデメリットとなる場合があります。
AI

GPTを超える性能!?Command R+を試行・レビュー

「Command R+」はCohereが開発したLLMモデルです。無料で使用が可能で、複数の言語に対応しており、RAGを搭載して高い応答精度を実現しています。多言語対応や他LLMを凌ぐ部分もありますが、ローカルで使うスペックについては難ありです。
AI

画像生成AIサービス「Akuma.ai」を試行・レビュー

画像生成AIサービスAkuma.aiは、リアルタイムで画像を生成するAIキャンバス機能を搭載しており、簡単に高品質な画像を作成できます。Googleアカウントで無料で利用できますが、クレジットの使用や料金プランについて理解が難しい点には注意が必要です。
AI

Morris IIとは:生成AIに対する新たな脅威と影響について

生成AIを標的とした新型ワーム「Morris II」について紹介します。このワームはChatGPTやGeminiなどのチャット型AIに影響を与え、ユーザーの操作なしに悪意あるコードを実行するゼロクリック攻撃を可能にします。
プログラミング

Excel VBAで表を取得するテクニック

Excelの集計作業を効率化するため、VBAを使用して表の自動範囲判定マクロを構築する方法を解説します。具体的にはループやプロパティの利用などがあります。これらを効果的に使い分けることで、表形式が複数であっても対応可能となり、作業効率化が期待できます。
AI

Geminiと同技術のAI「Gemma」を試行・レビュー

Googleの新しいLLM「Gemma」は無料で商用利用可能で、同社の高度なモデル「Gemini」に匹敵する技術を備えています。しかし、出力の質と一部の対応には改善が必要です。しかし、Googleのブランドによる安心感があり、将来性が期待されています。
セキュリティ

KeyTrapとは:DNSSEC設計の根幹に関わる脆弱性について

新しい脆弱性「KeyTrap」はDNSSECに重大なDoS攻撃を可能にします。全世界の約31%のWebクライアントに影響を及ぼす可能性があり、インターネットアクセスの核心を脅かす問題です。根本的解決が難しいため、早急にパッチを適用することが推奨されています。
AI

WSL2を使ってAI用の環境を構築(Ollama試行編)

無料で使える生成AIツール「Ollama」をWSL上で実行する方法を紹介。Ollamaは多数の大規模言語モデルをサポートし、GPUを活用して高速に動作。しかし、マニュアルが不明瞭で初期設定に苦労する可能性あったり、日本語出力がうまくいかないなどもあり。
Web開発

ロリポップ!でMySQLを更新する手順(5.6→8.0)

WordPressで利用するデータベース更新について、筆者の経験を基にロリポップ!のライトプランでの手順を紹介します。データベース更新はリスクが伴います。そのためエクスポートから新サーバー作成、データインポートまでの流れを紹介します。