指向性マイク搭載!「HS-HP06STBK」をレビュー

PC・周辺機器
サムネイル

・オンライン会議や通話時に周囲の雑音が入らないようにしたい
・安くて品質の高いヘッドセットを使いたい
・通勤や出張に便利な軽量で持ち運びやすいヘッドセットがほしい

今回は単一指向性マイク搭載のヘッドセット「HS-HP06STBK」を紹介します。このヘッドセットは、筆者がAmazonで購入したものになります。

https://www.amazon.co.jp/エレコム-ヘッドセット-3-5mm-ノイズキャンセリング-HS-HP06STBK/dp/B0CC486RXZ

購入の背景

2020年のコロナ拡大により、テレワークが増えつつあります。オンライン会議は今のテレワーク環境下で必ず必要です。その時に気になるのは外部からの雑音です。

外部の雑音が入るとオンライン会議参加者に聞こえてしまうなど迷惑が掛かってしまうので、極力避けたいものです。ただそのようなことを配慮するとヘッドセットが重量感あるものになってしまう可能性があります。

持ち運びが便利で外部の音を拾わないマイクが搭載されたヘッドセットということで、今回HS-HP06STBKを購入しました。

目玉ポイントは「単一指向性であること」

HS-HP06STBKの目玉ポイントは、マイクが単一指向性であること」です。つまり、マイクが特定の方向に集音するように設計されています。そのため、オンライン会議や通話中の雑音を最小限に抑えることができます。

単一指向性のマイクは、周囲の音を遮断して、利用者の前方の声を拾うことができます。これは、賑やかなオフィス環境や外部の騒音がある場所で使えます1

指向性に関してワタナベ楽器店様の「◇ マイクロフォンを使いこなそう!指向性編」で詳しく説明しています。参考まで

オンライン会議や通話中に、ほかの音が入ると迷惑がかかってしまいますので、そういうのはなるべく防ぎたいですね。少しでも快適な会議になるようにマイクに一工夫されているのがいいと思いました。

以上、HS-HP06STBKの単一指向型の特徴について紹介しました。

利用結果のレビュー

本章ではHS-HP06STBKを利用した結果のレビューを紹介します。

良かった点は以下です。

  • 単一指向性にしては軽い
  • 単一指向性にしてはコスパがいい

悪かった点は以下です。

  • ミュートスイッチが邪魔かも

良かった点1:単一指向性にしては軽いこと

単一指向型と聞いて、ゲーム実況や宅録とか詳しい方ならわかるかもしれませんが、ゲーミングヘッドセット2を思いつくと思います。

例えば以下のようなものです。ヘッドバンドが太くて壊れにくそうですし、ヘッドパッドがガッチリしてて音が漏れなそうです。

https://www.amazon.co.jp/Turtle-ゲーミングヘッドセット-木製混合素材-60mmドライバ-Switch/dp/B0935CNYPK

ゲーミングヘッドセットは、重量感があって大きすぎるため、持ち運びにはかなりの困難が伴います。特にオフィス勤務と在宅ワークのハイブリッドをしている方にとっては、この点が気になるかもしれません。

在宅ワークの場合、ヘッドセットの重さや大きさはあまり気にならないかもしれませんが、オフィス勤務での持ち歩きや出張などで、ヘッドセットの持ち運びにはかなりの負担があります。そのため、持ち運びがしやすい軽量でコンパクトなヘッドセットを選ぶことが重要です。

そもそもゲーミングヘッドセットはゲーム実況や宅録で使って初めて価値の出るものを、勤務目的に使うのはもったいない部分もあります。

一方で、「HS-HP06STBK」は非常に軽量で、たった70gです。それに比べると、上記の例と比較して約5分の1ほどの重さです。この軽さなら、オフィスで働く人たちがバッグに入れて持ち歩くのにも全く気にならないでしょう。

一般的なゲーミングヘッドセットと比べると軽い分、耐久性が気になるところではありますが、触れてみた感じ材質は堅そうなので、ちょっとした衝撃では故障するとかはないかと思います。

ヘッドセットの耐用年数は約3~5年です。そこまで持つかは実績がないので、断言はできません。

単一指向性なのに軽量のヘッドセットという、オフィス勤務と在宅ワークのハイブリッドな勤務でも対応できるところ「HS-HP06STBK」の魅力の一つと考えています。

良かった点2:単一指向性にしてはコスパがいいこと

前章で「HS-HP06STBK」の魅力の一つとして、重量のことを述べましたが、コストパフォーマンスも魅力です。

単一指向型が特徴的なゲーミングヘッドセットだと5000円以上のものが多く、ヘッドセットはテレワークの必要経費としてとらえるにしても、高すぎる気がします。

価格COMで「単一指向 ヘッドセット」と調べたら約80%が5000円以上でした(2023/12/15の調査時点)。

一方で、「HS-HP06STBK」は2283円でした。前述5000円と比べると半分以下です。

よくをいうならばロジクールのH111rのように1000円台ならとは思いましたが、単一指向型とか特徴があること考えたら買いやすいとは思います。

単一指向型なのにコスパがいいヘッドセットという、テレワークで使うなら必要経費程度に収まるところが「HS-HP06STBK」のもう1つの魅力と筆者は思います。

悪かった点1:ミュートスイッチが邪魔かもと感じること

悪かった点はほとんどないのですが、強いていうならば、ヘッドセットについている以下の部分です。

ミュートスイッチ

これでマイクのオンオフをコントロールできるのはいいかもしれませんが、普段のオンライン会議ではTeamsやZoomのミュート機能を使うので使わない気がします。

使わないだけならいいのですが、実は椅子のひじ掛けにミュートスイッチが引っ掛かってうっとおしいと感じることがあります。そのため、これは使い方にもよりますが、ミュートスイッチは不要だったかもと感じました。

まとめ

HS-HP06STBKはテレワークやオンライン会議に最適な単一指向性マイク搭載ヘッドセットです。重たくなく、品質に優れたコスパの高いモデルであり、持ち運びの便利さも抜群です。その特徴を活かせば、外出時であっても、周囲の雑音に悩まされることなく、快適な通話が可能になります。

このヘッドセットの目玉は、特定の方向の音だけを拾う単一指向性マイクです。そのため、周囲の騒音を気にせずに使用できるのが魅力的です。さらに、約70gという軽量さでありながら、堅牢な作りとなっており、使用感も良好です。コストパフォーマンスも優れており、非常にお手頃な価格で提供されています。

ただし、ミュートスイッチが場合によっては邪魔に感じることがあるので、この点は個々の使用状況に合わせて判断する必要があります。

全体としては、HS-HP06STBKはコンパクトで機能的、そして経済的なヘッドセットを求めるユーザーには非常におすすめできる製品です。オンライン会議が日常的な今、HS-HP06STBKはテレワークをする人々の要望をバランス良く満たす一品と言えるでしょう。

参考文献

  1. ヘッドセットの話題から外れますが、オンライン会議での雑音を抑えるために、周囲の環境にも注意を払うことも重要です。 ↩︎
  2. ゲーミングヘッドセット以外だと、コンデンサーマイクもあります。 ↩︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました